LINEで送る
Pocket

激しくWriterさのあに画像をWordPressのメディアライブラリから見つけ出して貼り付けるのが面倒くさい。なのではやくテーマ作成したい。Moreのタグをつけるのも激しく面倒くさい…。

ごめんなさい自分の口からキーボードを通して現在のSugarinessの状況に対して不満をこぼしてます。

さてさて気を取り直して今回は、「Xbox One(ワイヤレス)コントローラー」を紹介していきます。これはしてたまりゆくSteamゲームを楽しくプレイする目的で購入しました。およそ1年半前に…。購入してからすぐに購入記事をかけないのは趣味半分に書いているからでしょうか…。なかなか書くぞという気にならない。。。

そんなことはどうでもよくて!!さっそく過去に撮りためていた写真を放出しつつ紹介していきます。

開封

Xbox-One-controller-1

Amazonで購入しました。購入当時の価格は6072円(高い)。だったのですが、現在(投稿現在)の価格はなんと!8900円…(値上がりしてる…)。

調べたら今は2016年11月28日に新しいXboxワイヤレスコントローラーが発売されていたようです。Amazonでベストセラー1位だし。買うならこっちがいいんじゃないかな。

Xbox-One-controller-2

箱をオープンしました。シンプルな作りになっており、このコントローラーが埋まってる白い部分も紙っぽい質感でした。コントローラー🎮は目に見えて質感が良く、つるつるしています。現在に至るまで使用してきましたが、ボタンやスティック等の押し込みによるヘタレ具合はなく、特に不具合は出ていません。

Xbox-One-controller-3

付属品は充電用のMicro USBケーブルにコントローラーに取り付けられるバッテリー取扱説明書。

Xbox-One-controller-4

実際にバッテリーをコントローラー内に取り付けました。本来はカバーがつけられておりむき出しになることはありません。

Xbox-One-controller-5

USBケーブルにはXbox特有のロゴ。かっこいいです。

簡単な紹介でした。このmicro USBケーブルをコントローラーとPC側に接続しながらゲームをしています。長い時間遊んでたのはTrials Fusion、The CREWとかかな。

 

ちゃんと調べたらワイヤレスをするためのあれこれがまとまっているようです。

Xbox One ワイヤレス コントローラーを Windows PC に接続する方法

ただ、ワイヤレスでコントローラーをいじりたい場合はMicrosoftのワイヤレスアダプターを別途用意しなければいけないようです。コントローラー購入時にそれを知らなかったので現在に至るまで有線接続で触ってます。夜な夜なゲームに勤しむ程度ですが特に問題はありませんのでお好きな方はどうぞ。

 

LINEで送る
Pocket