LINEで送る
Pocket

sanoani_writericon

Windows 10のクリーンインストール用に購入したSanDiskのSSD「SanDisk SSD PLUS 480GB」をPCケースに組み込んだので、あらかじめインストールメディアとして用意したUSBメモリを使ってWindows 10のインストールを行っていきます。

メディアを作成する

sandisk-ssd-windows-10-install-1

使ってなかったUSBメモリにWindows 10メディアを作成中。このUSBメモリを使って用意したSSDにシステムインストールしていきます。

このWindows 10のメディア作成のためのダウンロードはMicrosoft社のホームページにてディスクイメージ(ISO ファイル)のダウンロードができます。

また、Windows 10のライセンス認証のためのオンラインコード(プロダクトキー)はAmazonで購入することができます。

SSDにWindows 10をインストールする

sandisk-ssd-windows-10-install-7

ASUSのマザーボード「P8H77-V」でのUEFI起動画面。インストールメディアとしてPCに挿したUSBメモリを選択して起動させます。

sandisk-ssd-windows-10-install-3

インストールメディアが読み込まれました。表示されるウインドウの指示に従いながら進んでいきます。

sandisk-ssd-windows-10-install-4

この画面ではWindowsのライセンス認証を求められます。所持しているプロダクトキーを入力して進みます。

sandisk-ssd-windows-10-install-6

指示に従って進んでいくと再起動が行われました。

sandisk-ssd-windows-10-install-8

インストールの種類はカスタムを選択しました。

sandisk-ssd-windows-10-install-9

Windows 10のインストール場所を新しくしたSSD選択。

sandisk-ssd-windows-10-install-10

選択したドライブ(SSD)にWindows 10がインストールされ始めています。

sandisk-ssd-windows-10-install-12

しばらくして再びリブートされました。「Windows Boot Manager (PS: SanDisk …)」と表示されるようになりました。これを選択して起動させる。

sandisk-ssd-windows-10-install-13

デバイスを準備しています…。しばらく待つ。

sandisk-ssd-windows-10-install-14

この画面が表示されてからは個人設定を行っていきます。設定がすべて終了するとWindowsのデスクトップが表示されます。

sandisk-ssd-windows-10-install-15

無事にWindows 10のクリーンインストールが完了しました。ローカルディスク(Cドライブ)容量もスッキリしています😆😆

空き容量が428GB/446GBとなりました。このようにきちんとインストールすることができましたので、自分が日々使用しているアプリケーションをこれからインストールしていきます。

新しくした私の環境では画像、動画などのデータは以前から使用してきたHDD側に保存されるように設定を行っています。ブラウザのChromeやSkypeといったアプリケーションはSSDにインストールしています。

紹介したもの

LINEで送る
Pocket