LINEで送る
Pocket

writer_sano

Macを購入してnヶ月ほど経過しました。

nヶ月ほど使ってきて、便利だなぁと思ったメニューバーアプリを紹介します。

現在のメニューバー

screenshot

現在の僕のメニューバーはこんな感じです。
前は結構あったのですが、使用頻度の低いアプリは消してしまいました。
そんなわけで、今ここにあるのは比較的使用頻度の高いアプリたちです。


Memory Monitor

Memory Monitor – クリックするだけで使用中のシステムをスピ…
Rocky Sand Studio Ltd.
ユーティリティ
評価:4.5
無料 App Store
Powered by Pictman Web Tool

sc1※クリックで拡大

Macはメモリをバカ食いするタイプのOSです。
バカ食いするのは動作を安定させるため。
なので変にメモリ解放なんかしてしまうと、逆に動作が不安定になってしまいます。
でも、使用状況が見えるのはかなり安心しますよね。

「どのツールがメモリをバカ食いしているのか」
一番使っているソフトも表示してくれます。

sc2

私はメモリ解放目的ではなく、使用状況確認用として使用しています😎


Macs Fan Control

sc5

↑クリックでサイトに飛びます↑
※App Store提供ではありません。使用は自己責任でお願いします。

sc4

色々な場所の温度を見ることができます(適当)
ファンの回転速度を確認することができ、回転数の制御もできます😚

sc3

メニューバーでリアルタイムで回転数/温度を見ることができます。
こういうものが目に見えるのはちょっといいですよね(?)

また、BootcampのWindows用のものもあるみたいですよ。


Scroll Reverser

sc6↑クリックでサイトに飛びます↑
※App Store提供ではありません。使用は自己責任でお願いします。

sc8

Macに外部マウスを接続すると、スクロールホイールの向きが逆になってしまいます。
Macの設定から逆にすると、タッチパッドのスクロールの方向も変わってしまいます。
それらを別にして設定できるツールです。
こちらを仕様することで、タッチパッドのスクロールの向きをそのままに、マウスのスクロールの向きを逆にできます。

sc7

ただし、このツールが起動していないといけないので、注意が必要ですね。
(設定で起動時に起動が設定できます。)


Displays

Displays
Jean-Baptiste ZEDDA
ユーティリティ
評価:
¥720 App Store
Powered by Pictman Web Tool

sc10※クリックで拡大

簡単に言えば、ディスプレイの設定が簡単にできるツールです。

sc11

それに加えて、様々な機能があります。

sc12

「マウスポインタのハイライト」は、マウスカーソルの周りだけを明るく抜いて、他を暗くするものです。
たぶん、プレゼンとかで使えるのではないでしょうか?

「ナイトモード」は、文字通り画面の明るさをめっちゃ下げてくれる機能です。

 sc13

ちなみに、ディスプレイを接続すると、このように表示されます。

また、このツールにはすばらしい機能があります。

sc14

他のディスプレイの映像をメインディスプレイに「Picture In Picture(PIP)」できるのです!

sc15

こんな感じです。
他のディスプレイに映っているものがここに表示されます。
このPIPのサイズ、場所はマウスで調節できるので、なお便利だと思います!


Adobe CC

sc16

Adobe Creative Croudです。

 


Wacom Performances

sc17

Wacomタブレット(ペンタブ)のツールです。
すぐ接続できる環境にないので、アレだったのですが、これがないとタブレットが使えないので入っています😚


こんな感じですね。

今の僕はこんな感じですが、みなさんはどうでしょうか?
もしオススメの何かがあれば教えてください😎

お疲れ様でした。


 

LINEで送る
Pocket