LINEで送る
Pocket

sanoani_writericon夏にカナダのトロントへ行ってきました。Wi-Fiルーターを借りて、実際に利用してきましたのでそのレポートです。

ワールドデータって?

この記事内のワールドデータは、株式会社グローバルモバイルが提供しているサービス「世界周遊Wi-Fiルータなら安さと安心のワールドデータ」にあるように、1日に一定の金額で多くの国で使用可能なレンタルWi-Fiルーターを貸出しています。

※以下で記載している料金体系は私が実際に申し込みをした2016年7月現在の情報です。

なぜワールドデータのサービスに決めたか

SIMカードを国外で契約する想像が全くできなかったので、日本にいるときに事前受取できればいいなと考えてこのレンタルWi-Fiルーターのサービスを申し込みました。

また、Wi-Fiルーターをレンタルできるなら個人的に外せないポイントがいくつかありました。上から優先度順に。

  • カナダ(トロント)で使用可能であること
  • 通信料が無制限であること
  • 通信料が定額であること(従量制課金はNG)
  • 定額でも一日の利用額がなるべく低コストなもの(ワールドデータは一日690円で使用可能)
  • なるべく通信速度が早いもの(できれば4G LTEがいい)

このような条件で探していたところ、今回お世話になったワールドデータの「ワールドDATA basic」というプランを見つけることができました。

では実際に私がWi-Fiルーターの申し込みをしてからから、自宅に宅配してもらい、返却するまでの流れをまとめていきます。

申込内容

ウェブサイトのフォームから申し込みます。内容は以下の通り。

  • [ 渡航先 ] ワールド
  • [ プラン ] ワールドデータ
  • [ ご利用台数 ] 1
  • [ 出発予定年月日 ] 2016/07/19
  • [ 帰国予定年月日 ] 2016/07/23
  • [ 定額通信料 ] 3,450
  • [ 早割適用(定額通信料10%OFF) ] 適用なし
  • [ 安心補償 ] 加入する
  • [ 予備バッテリー ] 申し込まない
  • [ USBカーチャージャー ] 不要
  • [ 合計金額 ] 4,450

出発日前にWi-Fiルーターが手元に届く

world-data-t-mobile-wi-fi-14

ウェブサイトでの申込みの段階で、渡航先、利用台数(1台)、出発日、帰国日を入力します。また、安心補償、予備バッテリー、USBカーチャージャーは同時に申し込むかどうかを選択していきます。

カナダへ渡航する期間は2016年7月19日出発の23日帰国でしたのでそれを入力しました。

私は万が一機械が破損したりしたときのために「安心補償(1日あたり200円)」に加入しました。予備バッテリー(1日あたり100円)については個人的にモバイルバッテリーを持っていくつもりでしたので申込みはしていません。USBカーチャージャー(レンタル料無料)についても利用の機会がないと考えていたので申込みをしていません。

最終的な金額が決定するのはレンタルしたWi-Fiルーターの返送が完了してからでした。私は帰国してから返送に1日遅れてしまい、1日分のレンタル料690円が余計に取られてしまいました。まぁ疲れてたから仕方がない・・・。

ちなみに、遅延料金を除いて支払う金額が申込内容にもあるように4,450円。

内容物

world-data-t-mobile-wi-fi-15

内容物は。Wi-Fiルーター本体、充電用のACアダプタ、マイクロUSBケーブル、取扱説明書、レンタルWi-Fiルーターを送り返すときに使うレターパック。

Wi-Fiルーターについて

world-data-t-mobile-wi-fi-1

T-MobileのWi-Fiルーター。T-Mobileはドイツの会社でヨーロッパ及び北米で移動体通信サービスを提供しています。

world-data-t-mobile-wi-fi-2

Wi-Fiルーターの裏側には端末に設定されているSSIDとパスワードが貼り付けられています。Wi-Fiルーターの電源を入れたらこのアクセスポイントに接続するようにあとで設定します。

world-data-t-mobile-wi-fi-3

同封されているACアダプタは日本と同じAタイプ。カナダトロントでは同じタイプでしたので、変換プラグを用意することなくそのまま使えます。

world-data-t-mobile-wi-fi-4

Wi-Fiルーター側面には本体電源オン、オフのスイッチ。また、SIMトレイがあります。

world-data-t-mobile-wi-fi-6

T-MobileのSIMカード

world-data-t-mobile-wi-fi-7

SIMカードにはT-Mobileのロゴ。

world-data-t-mobile-wi-fi-8

電源を入れたときの様子。日本にいるときに試しにつけてみました。このWi-Fiルーターには4つのくぼみがあり、これらはボタンとなっています。押し込むボタンではなく、触れるだけで感知してくれます。

world-data-t-mobile-wi-fi-9

操作性には慣れが必要。

world-data-t-mobile-wi-fi-5

USBケーブルを接続して充電している様子。充電しながらでも問題なくWi-Fiルーターとしての機能を使うことができました。

付属の取扱説明書

world-data-t-mobile-wi-fi-16

Wi-Fiルーターのボタンボタン、画面表示に関する説明があります。また、ローミング設定に関する注意書きでオフにしましょうと書いてあります。

world-data-t-mobile-wi-fi-11

こちらにはWi-Fi設定のための説明。家庭内でWi-Fi接続する要領と同じです。

world-data-t-mobile-wi-fi-12

iPhone、iPad、iPod touch、Android、Macintosh OS X、Windows 7、タブレット(?)のスクリーンショットで丁寧に説明しています。

world-data-t-mobile-wi-fi-13

返送の際にはアンケートに答え、付属のレターパックでWi-Fiルーターと一緒に送り返します。無事に送り届けることができたら、「 本日ご返却の確認ができました」と、相手からの確認メールが入ります。

カナダでの通信速度を計測した

world-data-t-mobile-wi-fi-19

通信速度は通常のブラウジング、メール、SNS(Twitter、Facebook、LINE等)全く問題なく使うことができました。下りはだいたい20Mbpsと予想以上に速い結果がでていました。カナダから日本のサイトにアクセスしても全く問題なく接続できます。(ニコニコ動画もみれました)

world-data-t-mobile-wi-fi-20

カナダにて4G接続を確認したところ。端末にも4G LTE書いてあるしちゃんと繋がるみたい。

ちなみに、このWi-Fiルーターに実際に接続をしていた機器はLumia 930、HUAWEI P8 lite、iPhone 5S、iPad、iPad mini、MacBook Air、Let’s noteですが、全てきちんと通信が可能でした。

ワールドデータのレンタルWi-Fiルーター、実際にカナダで使ってみてとても便利でした。通信速度、価格、ともに個人的には満足でき、おすすめできるサービスだと思います。気になっている方はぜひ。

関連SIMカード

LINEで送る
Pocket